ホーム » 研究業績/Publication » Domestic Conference 2015

Domestic Conference 2015

  • 松下修三、中本泰充、池田篤史、Pozniak, A、Arribas, J、Gupta, S、Post, F、Fordyce, M. 軽度から中等度の腎機能障害があるHIV 1 感染症患者に E/C/F/TAF を投与した第 III 相臨床試験におけるアジア人での有効性及び安全性の評価.    第29回日本エイズ学会学術集会・総会. 2015年11月30日-12月1日,東京.

  • Muntasir, A., Kuwata, T., Ramirez, K., Maruta, Y., Tanaka, K., Shimura, K., Oishi, S., Fujii, N., Matsuoka, M., Matsushita, S.   Effect of gp41 mutations on the sensitivity to neutralizing antibodies against HIV.  第29回日本エイズ学会学術集会・総会. 2015年11月30日-12月1日,東京.

  • 平田 泉、桑田岳夫、丸田泰広、田中和樹、Muntasir, A.、松下修三 ファージ・ライブラリーを用いた抗 V3単クローン抗体のエピトープ解析. 第29回日本エイズ学会学術集会・総会. 2015年11月30日-12月1日,東京.

  • Kuwata, T., Shimizu,  M., Matsushita, S.   Impact of gp41 mutations on resistance to B404, a broad neutralizing antibody reactive against a conformational epitope of SIV gp120. 第63回日本ウイルス学会学術集会. 2015年11月22日-24日,福岡市.

  • Tanaka, K. Kuwata T., Maruta, Y., Muntasir, A., Kawanami, Y.,Matsushita, S.  Enhanced neutralization by small antibody fragments targeting CD4i (CD4-induced) epitope on HIV-1 envelope glycoprotein. 第63回日本ウイルス学会学術集会. 2015年11月22日-24日,福岡市.

  • 桑田岳夫、田中和樹、丸田泰広、松下修三. Neutralization of HIV-1 by single chain antibody fragments (scFv) against gp120. 白馬シンポジウム in 米子. 2015年6 月19 日-20 日, 米子市.

  • 田中和樹、桑田岳夫、丸田泰広、松下修三.  Potent and broad neutralizing activity of small antibody fragments targeting CD4i (CD4-induced) epitope. 白馬シンポジウム in 米子. 2015年6 月19 日-20 日(土).米子市.