ホーム » 研究業績/Publication » Domestic Conference 2014

Domestic Conference 2014

  • Ramirez, K.P., Kuwata, T., Maruta, Y, Tanaka K., Muntasir, A., Yoshimura, K., Matsushita, S. Complementary effect of anti-V3, CD4bs and CD4i antibodies accounts for cross-neutralizing and non-neutralizing activities against HIV-1. 第28回日本エイズ学会学術集会・総会. 2014年12月3日-5日, 大阪.

  • 江上由華、丸田泰広、田中和樹、Muntasir A., Ramirez K., 桑田岳夫、松下修三.  V3エピトープへの交叉反応性をもつ中和抗体の遺伝子組み換えによる小型化の試み.  第28回日本エイズ学会学術集会・総会. 2014年12月3日-5日, 大阪.

  • 桑田岳夫、松下修三. 強力な抗SIV中和抗体B404からの逃避メカニズムの解析. 第28回日本エイズ学会学術集会・総会. 2014年12月3日-5日, 大阪.

  • 桑田岳夫:SIVサル・モデルを用いた中和抗体の解析. 第17回 日本レトロウイルス研究会 夏期セミナー.2014 7.3-5(7/3発表)静岡県熱海市.

  • 桑田岳夫、馬場昌範、松下修三:CCR5阻害薬Cenicrivirocへの耐性と中和抗体への抵抗性は両立しない. 白馬シンポジウムin熊本. 2014.6.13-14. 熊本市.

  • 桑田岳夫、馬場昌範、松下修三:HIV-1 のCCR5 阻害薬への耐性と中和抗体への抵抗性は両立しない第24回抗ウイルス療法研究会総会. 2014.5.7-9.(5/7発表)  山梨県富士吉田市.