2009-10

Domestic Conference

畑田万紀子、吉村和久、原田惠嘉、松下修三:抗HIV-1V3抗体からの逃避過程で挿入される V2領域の糖鎖が保存されるメカニズム-HIV-1の進化における耐性度と増殖能のバランスに関する考察- 第57回日本ウイルス学会学術集会. 2009.10.25-27 東京.

畑田万紀子、吉村和久、原田惠嘉、松下修三:抗HIV-1V3抗体からの逃避過程で挿入される V2領域の糖鎖が保存されるメカニズム-HIV-1の進化における耐性度と増殖能のバランスに関する考察- 第57回日本ウイルス学会学術集会. 2009.1...
International Conference

Narahara C, Hatada M, Harada S., Yoshimura, K,. Matsushita S,: A primary R5 isolate undergoes different escape pathway during in vitro selection with low or high concentration of an anti-V3 monoclonal antibody. AIDS Vaccine 2009, 2009.10.19-22, Paris.

Narahara C, Hatada M, Harada S., Yoshimura, K,. Matsushita S,: A primary R5 isolate undergoes different escape pathway...
タイトルとURLをコピーしました