ホーム » 研究業績/Publication » Domestic Conference 2006

Domestic Conference 2006

  • 松下修三. シンポジウム3「より良いHAARTに向けて」-耐性検査の意義とタイミング.  第20回日本エイズ学会学術集会・総会. 2006.11.30-12.2. 東京.

  • 吉村和久、柴田潤二、小糸 厚、松下修三. In vitroにおける抗HIV-1中和単クローン抗体とその他の薬剤との相互作用の研究. 第20回日本エイズ学会学術集会・総会. 2006.11.30-12.2. 東京.

  • 柴田潤二、吉村和久、小糸厚、松下修三. 抗HIV-1 gp120-V3抗体より逃避したV2領域変異ウイルスの中和抵抗性メカニズムの解析. 第54回日本ウイルス学会総会. 2006.11.18-21. 名古屋

  • 池田輝政、柴田潤二、吉村和久、小糸 厚、松下修三. 長期間HAART有効症例における残存HIVと組込み部位の関連性. 第54回日本ウイルス学会総会. 2006.11.18-21. 名古屋