ホーム » 研究業績/Publication » Domestic Conference 2001

Domestic Conference 2001

  • 松下修三:抗HIV薬の選び方.ロピナビル/rという選択.第15回日本エイズ学会ランチョンセミナー.2001.12.1.東京.

  • 吉村和久、木村哲也、西原久美子、松下修三: residual replicationの新しい指標?高感度プロウイルスDNA(pDNA)の定量と細胞ターンオーバーの測定.第15回日本エイズ学会学術集会総会. 2001.11.29-12.1.東京.

  • 小糸 厚, 重兼弘法、松下修三:異種細胞HIV-1アッセンブリー阻害の解析.第15回日本エイズ学会学術集会.総会. 2001.11.29-12.1.東京.

  • 王 鳳香、木村哲也、吉村和久、小糸 厚、松下修三: Emergence of autologous neutralization resistant variants from pre-existing quasispecies during viral-rebound of HIV-1 infected patietns undergoing HAART. 第15回日本エイズ学会学術集会総会. 2001.11.29-12.1. 東京.

  • 松下修三:overview「免疫応答によるHIV感染・増殖の制御」.第49回日本ウイルス学会学術集会総会. 2001.11.18.大阪市.

  • 松下修三:感染症研究の新戦略.第25回阿蘇シンポジウム.2001.8.25. 熊本県阿蘇町