年別アーカイブ: 2001年

松下修三:抗HIV薬の選び方.ロピナビル/rという選択.第15回日本エイズ学会ランチョンセミナー.2001.12.1.東京.

松下修三:抗HIV薬の選び方.ロピナビル/rという選択.第15回日本エイズ学会ラ … 続きを読む

カテゴリー: Domestic Conference | コメントする

吉村和久、木村哲也、西原久美子、松下修三: residual replicationの新しい指標?高感度プロウイルスDNA(pDNA)の定量と細胞ターンオーバーの測定.第15回日本エイズ学会学術集会総会. 2001.11.29-12.1.東京.

吉村和久、木村哲也、西原久美子、松下修三: residual replicati … 続きを読む

カテゴリー: Domestic Conference | コメントする

小糸 厚, 重兼弘法、松下修三:異種細胞HIV-1アッセンブリー阻害の解析.第15回日本エイズ学会学術集会.総会. 2001.11.29-12.1.東京.

小糸 厚, 重兼弘法、松下修三:異種細胞HIV-1アッセンブリー阻害の解析.第1 … 続きを読む

カテゴリー: Domestic Conference | コメントする

王 鳳香、木村哲也、吉村和久、小糸 厚、松下修三: Emergence of autologous neutralization resistant variants from pre-existing quasispecies during viral-rebound of HIV-1 infected patietns undergoing HAART. 第15回日本エイズ学会学術集会総会. 2001.11.29-12.1. 東京.

王 鳳香、木村哲也、吉村和久、小糸 厚、松下修三: Emergence of a … 続きを読む

カテゴリー: Domestic Conference | コメントする

松下修三:overview「免疫応答によるHIV感染・増殖の制御」.第49回日本ウイルス学会学術集会総会. 2001.11.18.大阪市.

松下修三:overview「免疫応答によるHIV感染・増殖の制御」.第49回日本 … 続きを読む

カテゴリー: Domestic Conference | コメントする

Wang FX, Kimura T, Nishihara K, Yoshimura K, Koito A, Matsushita S:Emergence of autologous neutralizaton resistant variants from Pre-existing quasispecies during viral-rebound of HIV-1 infected patients undergoing HAART. 2nd AIDS Seminor inKumamoto. 9.20-21, 2001.

Wang FX, Kimura T, Nishihara K, Yoshimur … 続きを読む

カテゴリー: International Conference | コメントする

Koito A., Shigekane H., Matsushita S: Assembly defects of HIV-1 gag in murine cells. 2nd AIDS Seminor in Kumamoto.  9.20-21 2001.

Koito A., Shigekane H., Matsushita S: As … 続きを読む

カテゴリー: International Conference | コメントする

Wang FX, Kimura T, Nishihara K, Yoshimura K, Koito A, Matsushita S:Emergence of autologous neutralizaton resistant variants from Pre-existing quasispecies during viral-rebound of HIV-1 infected patients under treatment of HAART. 2001 International Meeting of the Institute of Human Virology. 9.9 -13, 2001.Baltimore, U.S.A

Wang FX, Kimura T, Nishihara K, Yoshimur … 続きを読む

カテゴリー: International Conference | コメントする

松下修三:感染症研究の新戦略.第25回阿蘇シンポジウム.2001.8.25. 熊本県阿蘇町

松下修三:感染症研究の新戦略.第25回阿蘇シンポジウム.2001.8.25. 熊 … 続きを読む

カテゴリー: Domestic Conference | コメントする

Maeda, K., Yoshimura, K., Shibayama, S., Habashita, H., Tada, H., Sagawa, K., Miyakawa, T., Aoki, M., Fukushima, D., and Mitsuya, H. Novel Low Molecular Weight Spirodiketopiperazine Derivatives Potently Inhibit R5 HIV-1 Infection through Their Antagonistic Effects on CCR5. J. Biol. Chem. 276:35194-35200, 2001.

Maeda, K., Yoshimura, K., Shibayama, S., … 続きを読む

カテゴリー: Publication | コメントする

Ikegawa M, Matsumoto K, Herrmann S, Iwamoto A, Nakamura T, Matsushita S, Nakamura T, Honjo T, Tashiro K: Elevated plasma SDF-1 protein level in the progression of HIV-1 infection/AIDS. AIDS Res Hum Retrov. 17(7):587-595, 2001

Ikegawa M, Matsumoto K, Herrmann S, Iwam … 続きを読む

カテゴリー: Publication | コメントする